腎・泌尿器科おおねクリニックコラム

2016.08.09更新

皆様こんにちは!城陽市の、腎・泌尿器科おおねクリニックの院長、大嶺です。
男性の更年期障害やEDを考える上で、とても大切になってくることが、食生活の見直しです。
もうすぐ、暑い季節がやってきます。
そうすると、ビールがおいしい!揚げ物がすすむ!という季節で、ちょっと食べ過ぎ飲みすぎになってしまいがちです。
そして栄養面でのバランスをみても悪いという日々が、多くなってしまう人もいるかもしれません。
若い頃と違い、40代・50代は特に食事の内容と食べる量、アルコールの量に気を付けなければならない時期です。
昔と変わらず、好き勝手食べていれば、当然体調は優れなくなっていきます。
更年期障害やEDの症状も、悪化してしまう原因となります。
ビタミン・ミネラルはもちろん、良質なタンパク質をしっかりと摂取するようにし、脂質や糖質(炭水化物)を控えめにした食事を目指しましょう。
基礎代謝量も、年齢と共に落ちていきます。
そのため、カロリーに関しても気を配る必要があります。
食生活を見直し、少しずつ気を付けるだけで、お悩みの少ない健康的な身体を維持できます。
もちろん無理は禁物です。
無理はストレスに直結するからです。
無理をしない程度に、食生活をチェンジしてみてください。

投稿者: 腎・泌尿器科 おおねクリニック

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

男性更年期・ED治療ガイド男性更年期・ED治療ガイド